台湾ダイビングのことなら台湾ダイビング倶楽部〔フォルモサ〕

台湾ダイビングのことなら青山の台湾ダイビング倶楽部〔フォルモサ〕TOPpage
台湾ダイビングのことなら青山の台湾ダイビング倶楽部〔フォルモサ〕TOPpage

映画「三本木農業高校、馬術部」
松とうちゃんTwitter
MENU
今日の散歩道
徒然日記
フォトギャラリーBlog
ツアートピックス
台湾ダイビング
生物講座
アーカイブ
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2015年12月
  • 2015年10月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年5月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年9月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2006年3月
  • 2006年2月
  • 2006年1月
  • 2005年12月
  • 2005年8月
  • 2005年7月
  • 2005年6月
  • 2005年5月
  • 2004年5月
  • 2003年5月
  • 2002年5月
  • 2001年5月
  • 2000年9月
  • 2000年5月
  • 1999年5月
  • 1998年5月
  • Powered by
    Movable Type 6.2
    今日の散歩道 徒然日記 ツアートピックス 松とうちゃんのギャラリー 台湾ダイビング オーバーホール プロフィール

    « 桜木はすっかり緑 | トップ | 旨っ!!こめ粉生パスタ »

    2009年台湾ダイビングツアー

    | | トラックバック(1)



    台湾ダイビング&中華三昧2009年ツアー
    開催日:2009年4月28日(火)~2009年5月5日(火)

    ◇◆◇ 恒例の台湾蘭嶼島ダイビングツアーです! ◇◆◇


    ※各画像をクリックすると大きな画像見れます!
    (画像の無断転載をお断りします)

    今回の台湾GWダイビングツアーは、沖縄発1名、東京発組7名の総勢8名の参加です。

    【4月28日】

    東京都港区赤坂を5時半出発、成田第2ターミナルに7時半に集合した。

    成田9時40分発の中華航空CI-107で出国予定でしたが、離陸が約1時間遅れとなり桃園国際空港には午後1時過ぎの到着となった。沖縄組は福岡経由のキャセイ航空CX-511で定刻の12時15分に第1ターミナル到着。1時間遅れで合流。桃園国際空港からは、チャーターした車で移動。


    成田空港


    忠烈祠


    忠烈祠

    サンルート台北に到着、チェックイン。
    チェックイン後は、タクシーで忠烈祠の衛兵交代を見学。ホテル裏の晴光市場の屋台にて立ち寄ったあと、吉林路の「好記担仔麺」で夕食。

    忠烈祠

    好記担仔麺

    好記担仔麺

    好記担仔麺

    好記担仔麺

    好記担仔麺」での夕食の後は、農安街のパブ「水手」で一杯、ホテルに戻っていっぱい!

    <<初日の画像アルバムはこちら>>

    【4月29日】

    台湾入り2日目の朝は6時起床。晴光市場の馴染みの屋台で朝食。

    ホテルからタクシーで松山国際空港に移動し、国内線華信391便(松山-台東)にチェックイン。台東空港には9時前に到着し、予定の徳安7503便(台東-蘭嶼)に乗り換え、風が強いため緑島上空を経由し遠回りしたが、10時40分蘭嶼空港に無事到着。

    蘭嶼海洋国際飯店のオーナーの息子さんが迎えに来てくれた。ホテルにチェックイン、いつものお部屋に案内された。
    ダイビング器材を整理したあとは、近くの「四季麺店」で昼食をとった。牛肉麺、湯麺、炒飯が美味かった。


    晴光市場


    台東空港


    台東空港


    蘭嶼島


    蘭嶼空港

    昼食のあと、ようやく目的の蘭興島ダイビング。

    1本目は「椰油小港」、水温27度と例年より低い。 透明度は25mくらいだろうか。

    2本目は「開元港」、こちらは30mは見えており、いつもながらきれい。
    潜水初日、やっぱり蘭興島のダイビングは楽しい!!

    <<ダイビング初日の画像アルバムはこちら>>


    椰油小港


    椰油小港


    開元港


    開元港


    開元港


    開元港


    開元港


    開元港

    椰油小港はホテルから数百mの近場だが、ビーチエントリーで沖にちょっと移動すると20mの棚からドロップオフで40~50mの深場に吸い込まれるように落ちている。

    開元港は島市場の港だが、いつも透明度がよく気持ちがいい。

    蘭嶼島の友人、紅頭村の周さん経営の蘭嶼家庭料理「漁人碼頭」に行き久しぶりの再会、蘭嶼料理を楽しんだ。

    飛び魚料理、島で特産のタロイモ、タロイモの茎、九孔(トコブシ)、飛び魚の卵など島の贅沢料理ばかりでした。


    蘭嶼料理


    飛び魚

    タロイモ

    タロイモの茎

    飛び魚卵

    トコブシ

    漁人碼頭にて


    【4月30日】

    7時集合、中学校前の「美英美早食店」で朝食のあと8時半出発。

    蘭嶼島2日目は、「双獅岩」、「母鶏岩」、「玉女岩」を潜った。
    双獅岩は北風が強く波もありましたが透明度35~40mくらいだったと思う。 いつもながらとても素晴らしい海中でした。


    双獅岩


    双獅岩


    双獅岩


    双獅岩


    双獅岩


    双獅岩


    母鶏岩


    母鶏岩


    母鶏岩


    母鶏岩


    玉女岩


    玉女岩


    【5月1日】

    3日目は、「開元港」、「五孔洞」、「洞口小宮」を潜りました。
    開元港は初日より透明度がよく、 30m以上は見えていたと思います。

    北風の吹く中、ダイビングを楽しむことができました。

    <<ダイビング3日目の画像アルバムはこちら>>


    開元港


    開元港


    五孔洞


    五孔洞


    洞口小宮


    【5月2日】

    蘭嶼島4日目、雨のため、予定していたボートダイビングはとりやめ、
    ビーチダイビングに切り替えました。

    今日はダイビング最終日ですが、午前、午後の2本のんびり潜ることにしました。

    参加者からリクエストの多かった「開元港」と〔椰油小港」です。

    雨という悪天候の中、海中は暖かく
    透明度も差ほど悪くなくのんびりと蘭嶼島最後のダイビングを楽しむことができました。

    今回は、合計10本、全てビーチダイビングのツアーになりました。

    やっぱり蘭嶼島の海は自然そのもので、とてもいいですね。

    <<ダイビング4日目の画像アルバムはこちら>>


    開元港


    開元港


    開元港


    開元港


    開元港


    開元港


    椰油小港


    椰油小港


    椰油小港


    ホテルにて


    【5月3日】

    蘭嶼島入りして5日目、今日が最終日になりました。

    昨日までのお天気とはうって変わって、本日(5/3)の蘭嶼島の空は、晴天。

    器材のパッキングをしていても汗ばむ感じです。
    珍しく今回のツアーは、蘭嶼島から台東への移動は船です。
    (客船 緑島1号 蘭嶼-台東)

    開元港へホテルのオーナー家族や、毎回朝食でお世話になっている店主もお土産を持って見送りにきてくれた。

    友人の王さんも、飛び魚をお土産にと持ってきてくれた。

    「劇団ひとり」の店主は気前よく港の露天アイスクリーム屋さんで全員にご馳走してくれました。

    3時間の船旅は、ちょっと疲れたが、無事に富岡港に到着。

    移動と観光にと手配していた20人乗りのマイクロバスが見つからない。
    困って台北の旅行社に電話しても日曜日のせいかだれもでない!

    困った!

    すると、運転手さんが我々を見つけてくれた。なんと迎えにきたバスは、大型バスだ!
    手配したつもりはないが、20人乗りのマイクロバスがないようだ。

    大型バスに8人が乗り込み、台東観光へ出発。

    まずは昼食。

    次に台東の海岸が見渡せる公園「小野柳」でちょっと散歩して、市内の青果露天が並ぶ通りに出かけた。

    夕方、台東から華信394便で台北に戻り、ホテルにチェックイン。

    チェックインし落ち着いたところで
    士林夜市に出かけ夕食でした。

    <<ツアー6日目の画像アルバムはこちら>>


    蘭嶼島


    蘭嶼島


    蘭嶼島


    蘭嶼島


    台東観光


    台東観光


    台東観光


    小野柳


    小野柳


    小野柳


    【5月4日】

    朝食はいつもの晴光市場の屋台。

    地下鉄で世界一ノッポの超高層ビル「101」の展望台へ。
    台北市内を眺めた後は、タクシーで「永康街高記」に移動。

    美味しい小龍包をいただいたあとは、中正記念堂まで徒歩で移動し、ちょうど2時の衛兵交代をみました。

    地下鉄で中山駅下車、フォルモサリージントのDFSでお買物、続いて林森北路の新東陽でもお買物。
    夕方には、それぞれ自由に足裏マッサージなど楽しみました。

    夕食はタクシーで移動し林森北路の「台南坦仔麺」で軽くいただき、徒歩で「雙連市場」に行き、
    目的の牡仔煎(オアジェン) でいっぱいやりました。やっぱり旨かった~

    その後も、ホテル近くのパブで、ホテル室内でと
    宴は続きまました。

    <<ツアー7日目の画像アルバムはこちら>>


    晴光市場


    101


    中正記念堂


    中正記念堂


    牡仔煎


    【5月5日】

    8日間のGW台湾ツアーも最終日を迎え、いつもの晴光市場での朝食の後は、お茶屋さんでお買物。

    南京西路三越近くの「台北牛乳大王」で木瓜牛乳(パパイヤ牛乳)をいただき、ちょっと休憩。

    ツアー最後の食事は国賓大飯店の飲茶でしたが、内装が大きく変わり、とても高級感ある奇麗なレストランでした。

    <<ツアー8日目の画像アルバムはこちら>>


    晴光市場


    台北牛乳大王


    台北牛乳大王


    国賓大飯店


    サンルート
    昼食を済ませた後は、ホテルに戻り、チャーターしていた20人乗りマイクロバスで桃園国際空港に向かった。
    16時10分発沖縄行き中華航空CI-0122、16時30分発成田行き中華航空CI-106にてそれぞれ帰国の途についた。

    成田で参加者と解散、成田からはリムジンバス組、マイカー組、京成電車組とそれぞれ帰路につきました。

    今年も7泊8日の長い日程のツアーでしたが、あっという間の楽しいツアーでした。

    来年の台湾GWダイビングツアーは、4月28日(水)~5月5日(水)と決定しました。
    また来年をお楽しみに。




    トラックバック(1)

    このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2009年台湾ダイビングツアー

    このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nauinet.co.jp/mt6/mt-tb.cgi/161

    » 台湾ダイビングツアー情報(Formosa Weblog)~のトラックバック

    GW恒例台湾ダイビング&中華三昧ツアー 戦後40年余り続いた台湾の戒厳令が解除... 続きを読む