台湾ダイビングのことなら台湾ダイビング倶楽部〔フォルモサ〕

台湾ダイビングのことなら青山の台湾ダイビング倶楽部〔フォルモサ〕TOPpage
台湾ダイビングのことなら青山の台湾ダイビング倶楽部〔フォルモサ〕TOPpage

映画「三本木農業高校、馬術部」
松とうちゃんTwitter
MENU
今日の散歩道
徒然日記
フォトギャラリーBlog
ツアートピックス
台湾ダイビング
生物講座
アーカイブ
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2015年12月
  • 2015年10月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年5月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年9月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2006年3月
  • 2006年2月
  • 2006年1月
  • 2005年12月
  • 2005年8月
  • 2005年7月
  • 2005年6月
  • 2005年5月
  • 2004年5月
  • 2003年5月
  • 2002年5月
  • 2001年5月
  • 2000年9月
  • 2000年5月
  • 1999年5月
  • 1998年5月
  • Powered by
    Movable Type 6.2
    今日の散歩道 徒然日記 ツアートピックス 松とうちゃんのギャラリー 台湾ダイビング オーバーホール プロフィール

    « 八戸旬グルメツアー | トップ | 素敵なロマン・・・ »

    小説や映画よりも劇的な実話・・・

    | | トラックバック(0)


    今、台湾で「小説や映画よりも劇的な親子の再会劇」が話題になっています。

    1月22日「自由時報」など台湾新聞で記事になっていますが、

    「ベトナムから台湾にメイドとして出稼ぎに行った女性の雇い主は、
    偶然にも実父だった」という実話です。


    台湾の蔡漢朝さん(現在77歳)、30代のころ、
    1967年香港に出張に行った際にベトナム人女性と短くも激しい恋に落ちる。

    しかし、そのベトナム人女性の故郷ベトナムの母親が重病にかかり、
    看病のため女性は後ろ髪を引かれる思いで蔡さんのもとを離れることになる。

    別れ際に蔡さんは
    「自分を忘れないで」と写真と指輪を贈ったのだった。

    実はその時、女性は蔡さんの子供を身ごもっており、ベトナムで
    1967年に女児を出産した。それがチャン・ティ・カムさん(現在39歳)だった。

    ベトナム人女性は、一層激化するベトナム戦争のさなか、
    香港に戻ることもできないまま、カムさんを産んで2カ月後に他界した。

    そして、亡くなる間際に姉に形見の品を託していた。
    その後、カムさんは1989年に結婚する際、おばから出生の秘密を打ち明けられた。

    そして、台湾でもしかしたら実父に会えるかもしれないという期待から
    形見の品を携えて台湾に出稼ぎに来ていたのだった。

    カムさんは2004年6月、台湾北部の家にホームヘルパーとして出稼ぎに来た。
    雇い主の妻が重病で7カ月間、住み込みで介護していたが、死亡したため別の
    家庭ヘルパーとして金門に移った。

    その際、母親が父親から受け取った指輪と写真を入れた荷物を置き忘れた。


    2005年初め「大切な形見だから・・・」

    と遺失物を探して欲しいという依頼を受けた金門警察は、
    以前に彼女が働いていた台北県三重市の家にあると見て問い合わせたところ、
    2006年4月、それらしき袋が出てきた。

    蔡さんが確認のため、その袋を開けると・・・
    全身が震えた。出てきたのはなんと自分の若いころの写真と指輪だった。

    驚いて尋ねると、カムさんは「母親が実の父親の形見として残したものだ」と
    答えたのだった。指輪には蔡さんの名前が刻み込まれていた。

    話を聞いて、蔡さんに若いころの恋の記憶がよみがえった。

    カムさんは電話の向こうで「お父さん、ずっと苦労して探していました」と声を震わせた。

    その後のDNA鑑定でも親子関係が証明され、娘の存在さえ知らなかった蔡さんは、

    「まさか実の娘をメイドとして雇うなんて、夢にも思わなかった」

    と偶然のめぐり合わせに驚きつつ、喜びを噛みしめている。
    カムさんは台湾への再渡航手続きのため現在ベトナムに帰国中。
    蔡さんは心臓病のため、台北市内の病院に入院しているが、娘との再会の日を
    一日千秋の思いで待ち焦がれているそうです。

    異国台湾にきて、献身的なホームヘルパーの仕事をした
    チャン・ティ・カムさんに神様がプレゼントした

    「劇的な親子の再会劇」ですね。

    いい話しです。

    たぶん、ノンフィクションとして
    本にも映画にもなると思います。

    次の台湾ダイビングツアー(4月)のときに
    台湾国内での反響を肌で感じてきたいと思います。




    トラックバック(0)

    このブログ記事を参照しているブログ一覧: 小説や映画よりも劇的な実話・・・

    このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nauinet.co.jp/mt6/mt-tb.cgi/2