台湾ダイビングのことなら台湾ダイビング倶楽部〔フォルモサ〕

台湾ダイビングのことなら青山の台湾ダイビング倶楽部〔フォルモサ〕TOPpage
台湾ダイビングのことなら青山の台湾ダイビング倶楽部〔フォルモサ〕TOPpage

映画「三本木農業高校、馬術部」
松とうちゃんTwitter
MENU
今日の散歩道
徒然日記
フォトギャラリーBlog
ツアートピックス
台湾ダイビング
生物講座
アーカイブ
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2015年12月
  • 2015年10月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年5月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年12月
  • 2006年11月
  • 2006年10月
  • 2006年9月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2006年3月
  • 2006年2月
  • 2006年1月
  • 2005年12月
  • 2005年8月
  • 2005年7月
  • 2005年6月
  • 2005年5月
  • 2004年5月
  • 2003年5月
  • 2002年5月
  • 2001年5月
  • 2000年9月
  • 2000年5月
  • 1999年5月
  • 1998年5月
  • Powered by
    Movable Type 6.2
    今日の散歩道 徒然日記 ツアートピックス 松とうちゃんのギャラリー 台湾ダイビング オーバーホール プロフィール

    « 連休中日に馬事公苑 | トップ | 水中箱日記「後継機決めた」 »

    水中箱日記〔壊れた〕

    | | トラックバック(0)


    Nikonから1999年4月24日に発売れた
    211万画素単焦点モデル「COOLPIX700」は、
    高性能ニッコールレンズを搭載し、総合画質性能を
    追求したコンパクトデジタルカメラでした。


    kousaku-02.jpg


    当時としては、低価格でありながら
    上級機の機能をほぼ受け継いだすばらしい
    デジタルカメラと惚れ込み、

    アクリル防水ケースを製作していた株式会社DIVの
    工藤昌男氏に「COOLPIX700用水中ハウジング」を
    数10台作ってもらいネット販売しました。


    kousaku-01.jpg

    自らもダイビング講習、国内外のダイビングツアー
    など、2011年のGW台湾蘭嶼島ダイビングツアーまで
    使用していました。

    この水中ハウジングは、
    アクリルパイプやアクリル板を熱処理(曲げる)し
    接着加工したものではなく、厚いアクリル板を切削加工
    によって作ったもので、シャッターなど操作部は全て
    押しボタン式で大きな突起がなく、海外などに出かける時は
    簡単なパッキングで壊れることもなく重宝していました。


    ところが・・・

    COOLPIX700のシャッターが降りない故障となり
    ニコンサービスセンターに持ち込み見てもらいましたが、

    「当製品のサポートは終了しており、修理パーツがない」

    修理ができないとのこと。

    困った・・・


    COOLPIXシリーズで明るいレンズf1.8使用の
    「COOLPIX P300」が魅力だが、あまりにも形状が違い
    現在の水中ハウジングは利用できない。

    kousaku-04.jpg


    メーカーから出ている専用水中ハウジングのほとんどは、
    アクリル成型加工のもので、強度的に心配で突起部や
    操作スイッチが多く使いずらいと思っている。

    さてどうしよう?




    トラックバック(0)

    このブログ記事を参照しているブログ一覧: 水中箱日記〔壊れた〕

    このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nauinet.co.jp/mt6/mt-tb.cgi/469